カテゴリ:ソウル( 1 )

まだまだ、どんどん、チベットの旅続きます。
と書いてから、随分経ってしまいましたが、
ちゃんと書くつもりです。。。ですが、

先週末ソウルに行って、4月からのホームステイ先を決めました!
韓日カップルで1歳になる赤ちゃんのいるお宅です。
気さくな人たちで、お昼ご飯もお宅でご馳走になりました。
大学の語学堂まで約30分ぐらいで行けるし、お部屋も綺麗です。
4月からが楽しみです☆

今回はTravelers Aというゲストハウスに泊まりました。
ドミ一泊1万2000ウォン。激安です。
金曜日の最終便でインチョンに到着、ゲストハウスに着いたのは夜中1時半ぐらい。
早々に他の宿泊客と朝4時まで話し込み、翌日はホームステイ先に行き
夕方ゲストハウスに戻ったところで、その時宿にいた日本人2人と
明洞の焼肉屋→東大門市場の屋台のコースで、ビール・百歳酒・ソジュ(焼酎)・マッコリで
夜中2時まで飲み、翌日帰国の朝みごとに寝坊し、あわてて空港にタクシーで向かい、
チェックインできたのは、上海行きの飛行機の出発時間の30分前(ギリギリです)。
という慌しい週末でした。

f0112970_1831165.jpg


蘇州に戻った翌日の月曜日胃痛に襲われ抗生物質を点滴、火曜日はダウンで一日寝る。
というもう若くはないんだよ~という体のサインが現れるという出来事も待ってたのですが。。。


さてさて、昨日旧正月の振り替え出勤日だったのですが、
仕事が終わってから同僚と十全街に行き、韓国料理を食べ洋服を買い、
早々に春モノをゲット。
その帰り、タクシーに乗ると同僚が見慣れない携帯電話を手にしている。
私達の前に乗った人の落し物のようだ。
LG製でCYONと書かれている。韓国の携帯電話だ~。
電源を入れてみると、持ち主の顔と思われる写真が現れ、ハングルのメニューが出てくる。
色々触ってみるが、持ち主の情報がどこに入っているのが分からない。。。
しかも電波が有効になってないようで、電源を入れっぱなしにしていても
持ち主から電話がかかってくることは期待できない・・・。
しかもバッテリーの残りも少ない様子。

出張で蘇州に来た韓国人がタクシーに乗りポケットかなにかに入れていた携帯電話を
気づかないまま落としてしまったということだろう。
ということでこの携帯電話持って帰ってきてしまいました。
帰ってきてからも色々探ってみましたが、持ち主のメールアドレスも分からず、
今は電源を入れてもバッテリーがないせいですぐにオフになってしまい。。。
分からずじまいです。
タクシーの運転手に渡しておけばよかった。
[PR]

by baiwuliaolai | 2007-02-04 17:59 | ソウル