2日、11時過ぎポタラ宮へ入宮、外国人は入場料100元を支払う。
周りにいたチベット人に聞いたところ、彼らの入場料は1元と言っていた(と思う)。
もしかしたら5元だったかも。。。(はっきり覚えていない。)
中国の外国人料金は云々と言う人もいるかもしれない。
しかし、ポタラ宮に入ってみれば分かるはずだ。
私も含め観光客と違い、彼らは巡礼でポタラ宮へ行くのだ。
ポタラ宮の中には歴代ダライ・ラマの霊廟やそれぞれいわれのある仏像などなどがあり、
彼らは現金やバター(灯明のための)をそれぞれの廟や仏像にお供えしていく。

ポタラ宮に入るには前日に予約をしておかないといけないとガイドブックなんかには
書かれているが、それは夏の観光シーズンなどの観光客の多いシーズンの話。
また、このようなときは見学の制限時間があり、1時間で出てこないといけないとか。
私の行ったときには、予約無しで直接入ることができ見学の時間制限もなし。
急な坂道あり、内部にも急な階段ありでかなり息があがりましたが、
2時間ぐらいで見終わりました。

増築増築でおおきくなったポタラ宮、不思議な建物です。

f0112970_241312.jpg



ポタラ宮のあとは、バルコルから奥に入り裏路地を探索。
普段着や野菜やバターはたまたパンチェン・ラマの写真など
雑多に色々が売られていて楽しい。
ここで明日の長距離移動のおやつにみかんを購入した。

f0112970_30545.jpgf0112970_3133865.jpgf0112970_321460.jpg



裏路地探索で結構な距離を歩いたので疲れてはいたが、夕方
なにかお土産になりそうなものを買いたいなぁーと思い、ホテルから徒歩5分ぐらいの
ラモチェ(小昭寺)へむかい歩いていた。ラモチェまでの路の両側には、
たくさんのお店があり、手にとっては値段を聞いていた。

ところが、歩いていると急に背中のリュックが重くなった。あれー??と思い
勢いよく後ろを振り返ると、少年が私のリュックからパッと手を離したように見えた。
リュックのチャックを見ると、少し開かれている!
瞬間湯沸かし器の私はすぐさま頭に血が上り、
「何しとんねん!何盗ったんや!盗ったもん返せっーー!!」(大阪弁に翻訳)
と叫び、少年の肩をドンドン突いてやった。(ここで一気に周りの注目を浴びてしまった。。。)
この少年が何も反論してこないので、もう一度繰り返した。

急いでリュックの中を確認したところ、何も盗られていなかった。スリ未遂である。
というか元々現金やパスポートなんかはリュックに入れていなかったのだった・・・。
パスポートは旅行用の貴重品を入れるウェストポーチ(腹巻型)の中だし、
現金とクレジットカードの入った財布はダウンコートの内ポケットの中だし。
まぁ、掏られて困るようなものはリュックに入れておくはずがない。
スリ少年の方としては、盗る価値のあるものがなかったから、
何も盗らなかったということかもしれないが。。。


なにはともあれ、旅先ではご注意を!

~つづく~
[PR]

f0112970_0261364.jpg


ジョカンの上から。遠くに見えるのは世界遺産ポタラ宮。

バルコルを何度もコルラした。コルラというのは、日本語で右遶(うにょう)というらしい。
意味は、仏塔や仏像、聖山など神聖なものの周囲を巡ること。仏教徒は時計回りに廻る。
これにあやかった訳ではなく、バルコルにあるたくさんのお店に出たり入ったりして
見て聞いて、気づいたら何度もグルグル巡ってしまっていたわけである。

バルコル・ジョカン見学後、ノルブ・リンカ(ダライ・ラマの夏の離宮)へバスに乗って向かう。
バスの中からポタラ宮のお尻(というのか背中だ)が見えた。
考えてみれば当たり前だが、よく見るポタラ宮の写真は正面から撮られたもの、
だからと言って正面しかないというわけでなく・・・。こんな変なことを考えながら
バスの埃で薄よごれた窓ガラスを通してポタラ宮を見ていた。

ノルブ・リンカには夏に行ってみたい。冬のノルブ・リンカはなんだか寂しい印象。
ノルブ・リンカの中にあるダライ・ラマ14世の離宮内部は絢爛ではあったが。


明日はポタラ宮へ突入だ!
f0112970_1125892.jpg

      ↑ポタラ宮のお尻。だ。

~つづく~
[PR]

元旦である。31日の大晦日の夜にラサに到着したわけであるが、
元旦の朝も寝坊。8時に起きるつもりが、9時起床。
高山病の症状は全くない。大丈夫♪よかったぁー。時間を無駄にせずにすむ!
この日の朝ガイドさんが様子を見るためにホテルまで来てくれていた。
ガイドさん曰く、お客さんによっては2日間寝込むような人もいるらしいので、
全然大丈夫な私のことをすごいすごいと言っていた。
(まぁ、前日は苦しんでいたのだけれども。苦笑)
ガイドさんもまだ朝食を食べていないということだったので、
一緒に朝ごはんを食べに外に出た。日向はとても暖かい、
分厚い下着を着込んでいたおかげで少し歩くと少々汗ばんだ。
ガイドさんお薦めの安い中華ファーストフード店に入った。
元旦の朝食はお粥とゆで卵と包子。
包子も蘇州で食べるより味が薄く美味しかった。

朝食を食べながらラサ(拉萨)という土地の名前の由来を聞いた。
ガイドブックなどに書かれているのはラサは「神の土地」の意。
元々チベット人の間では「ヤギの地」の意のラサ(ラがヤギの意で、サが土地の意)
と呼ばれていた。
このラの発音は英語や日本語や中国語のLAとかRAの発音でなく、
ラテン語なんかの巻き舌で言うRAの音に近い。
「ヤギの地」と呼ばれるようになったのはジョカン(ラサにあるチベットで最も聖なる寺院)
と関係がある。ジョカンがある場所は元々湖でそこを埋めるために北の方から
土を運んできたのだが、その土を運んできたのがヤギであったという。
「神の土地」となったのは中国がチベットに侵攻し、中国の支配下におかれ
漢族(主に四川の)がチベットに入植してきてから。
中国語にチベット語のヤギの意のラという発音がなかったため中国語のLA(拉)の音で
言い換えられ、中国語のLAの音はチベット語でも良い意味があり、「神」を表す。
そしてラサ「神の土地」となった。

朝食後ガイドさんと別れた。次にガイドさんに会うのは2日後ギャンツェ、シガツェに行くとき。
丸々2日間ラサを見て回れる。

早速ホテルから近いジョカン(大昭寺)・バルコル(八角街)に行くことにする。
民族衣装を着たたくさんのチベット人の物売りたち、地元ラサの人達、
地方から巡礼に来た五体投地をする人々。マニ車を持ってコルラする人々
ものすごい賑わい!!!

冬は巡礼の季節だという話を実感する。
夏のラサはこんなに巡礼の人はいない(らしい)。

f0112970_18293346.jpg


f0112970_1918478.jpg


f0112970_19222152.jpg


f0112970_19211114.jpg


~つづく~
[PR]